スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

菫色の実験室 vol.2〜菫色×調香

東京・吉祥寺の、 “霧とリボン 直営SHOP Private Cabinet”にて
5月5日より開催の『菫色の実験室 vol.2〜菫色×調香』展に参加します。

以下、霧とリボン様サイト記事より。


MB_05.jpg

霧とリボン 企画展
《菫色の実験室 vol.2〜菫色×調香》
2017.5.5〜5.14 *5.11(木)休
13:30〜19:30 *最終日のみ〜18:00

「菫色」という色彩、世界観を様々な角度から追求する展覧会の第二弾。
昨年開催した「菫色×不良少年」に続き、今回のテーマは「菫色×調香」です。
絵画、イラスト、オブジェ、カリグラフィ、キャンドル、服飾、アクセサリーなど、
各研究員がそれぞれの手法で“架空の香水”を制作発表する美術展。
かぐわしい菫色が陳列された実験室にぜひお出かけ下さい。

*本展示のご案内はWeb DMのみとなります

[展示作家]
金田アツ子(絵画)
川島朗(オブジェ)
CANDLE STUDIO MAGIERA(キャンドル)
佐分利史子(カリグラフィ)
鳩山郁子(イラスト)
花モト・トモコ(イラスト)
Belle des Poupee(アクセサリー)
massaging capsule(服飾小物)
mIRA.(服飾)
霧とリボン(アクセサリー)

[サロンコンサート]
小林奈那子(チェロ演奏とお話)
高野麻衣(朗読とお話)

→作家紹介はこちら



サロンコンサート「音と香りの実験室」
7つの「音」と「香り」にまつわる、優雅な実験。
チェロ独奏と朗読で、音楽と調香の不思議な秘密に迫ります。
☆内容の詳細はこちらをご覧下さい →「音と香りの実験室」

[日時]2017年5月21日(日)
[昼の部]12:30~(開場12:00)★残席僅か★
[夜の部]17:00~(開場16:30)★満席★
[出演]小林奈那子(チェロ演奏とお話)高野麻衣(朗読とお話)
[定員]各回女性限定6名・先着予約制
[会場]霧とリボン 直営SHOP 2F
[料金]3,800円(ハーブコーディアル・紅茶・洋菓子つき)


★架空の香水をテーマにした展覧会、
僕は、『マルフォリンクスの花束』『夜の結晶』『Escape』と言う香水名を冠した、
三つの新作オブジェを出品します。
お近くへお越しの際は是非、お立ち寄りくださいませ!
marfolinks_circle.jpg
(マルフォリンクスの花束 部分)
スポンサーサイト
テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:お知らせ  comment:0 

シェイクスピア没後400年記念《英国文学十四行詩集 vol.2》

東京・吉祥寺の、 “霧とリボン 直営SHOPPrivate Cabinet”にて
『シェイクスピア没後400年記念《英国文学十四行詩集 vol.2》』展
(前期 2016.11/27〜12/3、後期 2016.12/14〜12/20)が開催されます。
僕は12月14日からの後期展示に参加させていただきます。

以下、霧とリボン様サイト記事より。

Sonnets2_dm.jpg

英国文学を題材に、ひとりの作家を詩の一行に見立て、
十四人で一篇の十四行詩(ソネット)を奏でる美術展の第二弾。
没後400年を迎えたシェイクスピアの記念企画展を開催します。
今なお魅力を放つシェイクスピアの世界を
絵画、イラスト、オブジェ、カリグラフィ、版画、服飾作品などで表現します。

限定版作品集『The Sonnets』同時刊行

【前期展示】
シェイクスピアズ・シスターズ
2016.11.27 sun.〜12.3 sat.

13:30〜19:30 *最終日は17:00まで

戯曲や詩に登場する「女性」がテーマの展覧会

[参加作家]
安蘭(絵画)
黒木こずゑ(絵画)
江津匡士(絵画)
須川まきこ(イラスト)
永井健一(絵画)
日香里(絵画)
横井まい子(絵画)

[会場]霧とリボン 直営SHOP “Private Cabinet”(東京・吉祥寺)
*地図はこちら→ACCESS

【後期展示】
シェイクスピアズ・ブラザーズ
2016.12/14wed.〜20tue.

13:30〜19:30 *最終日は17:00まで

戯曲や詩に登場する「男性」がテーマの展覧会

[参加作家]
川島朗(オブジェ)
佐分利史子(カリグラフィ)
鳥居椿(絵画)
中村菜都子(ゴム版画)
massaging capsule(服飾小物)
mIRA.(服飾)
霧とリボン(アクセサリー)



僕は、下記の作品含むマクベスをテーマにした新作2点を出品します。
macbeth_parts.jpg

また、あわせて樹脂指環も常設にてお取り扱いいただいております。
akac2016.jpg
(写真 霧とリボン様)

お近くへお越しの際は是非、お立ち寄りください。

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:お知らせ  comment:0 

菫色の実験室vol.1〜菫色×不良少年

7月は大阪での『秘密の植生 Dr.ラフレジオの部屋 川島朗 X 近藤隆彦 作品展』と同時期に東京・吉祥寺の霧とリボン 直営SHOP “Private Cabinet”にて開催される『菫色の実験室vol.1〜菫色×不良少年』展にも参加させていただきます。

以下、霧とリボン様サイト記事より。


image.jpg

《菫色の実験室vol.1〜菫色×不良少年》

2016.7.9(土)~7.18(月・祝) *火休
13:30〜19:30

此処は、菫色の実験室
菫色について、日夜研究しています
プレパラートの上には不良少年
そこに、菫色の薬液を一滴、二滴、三滴……
果たして、どんな化学反応が起こるのでしょう?
顕微鏡の先にひろがる菫色の世界に、ようこそ



「菫色」という色彩、世界観を様々な角度から追求する展覧会の第一弾
11組の作家が描く菫色的「不良少年」が菫色の小部屋に舞い降ります
絵画、イラスト、写真、オブジェ、カリグラフィ、コラージュ、キャンドル、
服飾などで紡ぐ美術展
それぞれの実験の成果をぜひご高覧ください

★会期中、参加作家による「菫色の実験室研究日誌」、限定部数無料配布します

[参加作家]
川島朗(オブジェ)
CANDLE STUDIO MAGIERA(キャンドル)
江津匡士(絵画)
佐分利史子(カリグラフィ)
永井健一(絵画)
林美奈子(コラージュ)
日香里(絵画)
mIRA.(服飾)
村松桂(写真)
霧とリボン(オーガニック紅茶)

[特別原画展示]
鳩山郁子
鳩山郁子イラスト集『リテレール(飛鳥新社刊・2011)』より、
珠玉の原画作品4点、「結晶世界」「彼方」「テンペスト」「若きウェルテルの悩み」を展示。
「結晶世界」のみ抽選制にて販売(他の作品は非売)、お申し込みは会期中、店頭にて受付。
サイン入り『リテレール』も限定部数販売。



☆僕は架空の双子の奇術師をイメージしたオブジェ作品を出品します。
ilu01.jpg

お近くへお越しの際は是非ご高覧くださいませ。
テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:お知らせ  comment:0 

秘密の植生 Dr.ラフレジオの部屋 川島朗 X 近藤隆彦 作品展

展示のお知らせです。
大阪の中崎町にありますギャラリー・ヨルチャにて7月9日(土)より7月24日(日)まで、
『秘密の植生 Dr.ラフレジオの部屋 川島朗 X 近藤隆彦 作品展』と題した二人展をします。

dm_ura.jpg

今回は、『遠い街の肖像 〜ライナス・ハリバ氏のストゥディオーロ〜』以来、久しぶりにDMデザインも担当しました。展覧会名が植物にちなんでいるので、緑色と土色の配色で仕上げてみました。DM左側の鉄のオブジェが近藤さんの作品、右の図像が僕の作品です。
 一緒に展示する近藤隆彦さんは、10年間美容師をし、現在は植物農家の傍ら、鉄・植物、・木などを組み合わせた家具やオブジェを『什木』と名付け製作しているという、異色の経歴の持ち主。今回初共演ということで、どんな作品が見られるのか僕も今からとても楽しみにしています。

 植生とは、地球上の陸地において、ある場所、地域に生育している植物の集団のことを言い、展示タイトル『秘密の植生』は、19世紀後半に存在した謎の生物学者(Dr.ラフレジオ)が奇怪な極秘実験により造り上げた植物人間たちをもとに、人々の知らぬ間に新たな植生を形成してしまう…。という妄想をもとに名付けました。
僕は、その極秘実験や植物人間などをイメージして製作したコラージュやボックスオブジェを展示します。
お近くへ起こしの際は、是非お立ち寄りください。

『秘密の植生 Dr.ラフレジオの部屋 川島朗 X 近藤隆彦 作品展』
■期間:2016年7月9日(土)~7月24日(日)
■時間:14:00~20:00(火曜定休)
■会場:gallery yolcha(ギャラリー・ヨルチャ)
    大阪市北区豊崎1-1-14  http://yolcha.jimdo.com/ 
(地下鉄中崎町駅が最寄駅ですが、天神橋筋六丁目駅や阪急梅田駅からも徒歩10分圏内です。)

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:お知らせ  comment:0 

夜の流刑地にて・星の風葬(フランチェスカ・ウッドマンに)

artworkpageに2作品を追加しました。
今年2月、東京・吉祥寺の霧とリボン 直営SHOP “Private Cabinet”にて開催された、
ブドゥワール~貴婦人の私室に眠る物語』に出品していた作品です。



『夜の流刑地にて / Night of The Penal Colony』

■4.5x3.7x3.4cm
デジタルプリント、コラージュ、アッサンブラージュ、アクリル 、錆塗装 / ウレキサイト、発条、鉄、古書片、紙、木、宝石箱

ブロカントの古い宝石箱の中にテレビ石(ウレキサイト)を入れたオブジェ。
テレビ石の下に図像を忍ばせ、石の中に浮き上がって見えるように細工しました。

夜の果てにある流刑地、その荒廃した牢獄に幽閉されてしまったとある貴婦人の孤独と黙考、
その魂の行き先…
そんなイメージで制作したオブジェです。

『夜の流刑地にて / Night of The Penal Colony』のページはコチラ




『星の風葬(フランチェスカ・ウッドマンに)/ Burial of The Star (Dedicated to Francesca Woodman)』
hoshino_fuso1.jpg
■6.7x5.4x2.3cm
デジタルプリント、コラージュ、アッサンブラージュ、アクリル 、色鉛筆、錆塗装 / 銅版、釘、羽根、古書片、ミニ試験管、鉄、紙、木、宝石箱

ブロカントの紙の宝石箱を使用したオブジェ。
若くして自ら命を絶った写真家フランチェスカ・ウッドマンへのオマージュ作品です。
彼女の写真には、儚さと孤独感、それと同時に何者にも屈せず自分の表現したいものを撮る意志の強さを感じます。
その繊細な精神性を小さな箱の中に創りあげたいと思い制作しました。

『星の風葬(フランチェスカ・ウッドマンに)』のページはコチラ
テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:ものづくり  comment:0 

Akira.K/Artsite diary

Akira Kawashima

Author:Akira Kawashima
 

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。