FC2ブログ

本の泡  虚栄博覧会 夜の始まり

artworkspageに作品3点を追加。

『Bubble of book(button man)本の泡(ボタン男)』 

bubble-of-book.jpg

20.1x16.5x6.4cm  アクリル、顔料、錆塗装、コラージュ/ボタン、釘、紙、鉄、本、木

本の泡がはじける。言葉や文字や知識が泡のように頭の中ではじける。
無駄な知識。空っぽの心の中。
知識を得るということが正しいということではない。
本当の事はボタン男だけが知っている。

☆作品『Bubble of book(button man)本の泡(ボタン男)』ページはコチラ
------------------------------------------------------------------------------------------------

『Vanity fair (destroyed memory) 虚栄博覧会(破壊された記憶)』

vanity-fair.jpg

12.8x9x4.3cm  アクリル、錆塗装、コラージュ/ガラス、釘、紙、鉄、木

割れたガラスの記憶。 

☆作品『Vanity fair (destroyed memory) 虚栄博覧会(破壊された記憶)』ページはコチラ

------------------------------------------------------------------------------------------------

『Start at night(夜の始まり)』

start-at-night.jpg

32x23.4cm デジタルプリントの上にアクリル、錆塗装/紙、額

☆作品『Start at night(夜の始まり)』ページはコチラ

Tag:ものづくり  comment:0 

小さな煙突

entotu.jpg


さざ波のようによせては返す思考。
記憶は繰り返し繰り返し、行ったり来たり。
新しいものなど何も無い。繰り返しの繰り返し。
薄れてすれ違う。なぜこんな曖昧なものに固執するのだろう?

Tag:日々のこと  comment:0 

世界の片隅

futatu.jpg

久しぶりの日記更新。
ここ数週間は仕事から帰ったあと、夜中まで作品製作で引きこもり状態。
現在五つの作品を同時進行製作中。
作品を毎日、一日中作っていたいけれど、
そんなことしてたら食っていけないのはつらいところ。
コラージュのバランスに一喜一憂。
物体が徐々に錆びてゆく様子は実に神秘的。
僕は作品にいろんなものを張り付ける。枯れ葉であったり、錆びた釘であったり、砂粒であったり、貝殻であったり…。それらの色んな自然物を使うことで、僕は世界と繋がってるんじゃないかと感じられる。生きてることを実感するというか、ものをつくるって行為は根本的にはそういうことなんだと思う。自分がこの世界に存在しているっていうことの証明を、世界の片隅にほんの少しでも残しておきたいんだと思う。

Tag:日々のこと  comment:0 

情報のうずまき

sora.jpg

koen.jpg

kosoku1.jpg

竜巻
ラムズフェルド
砲撃
子供達の手紙
談合
謝罪
いつも、言葉だけが大切なものを残して先をゆく

Tag:日々のこと  comment:0 

朧げな世界

oboro.jpg

oboro2.jpg

oboro3.jpg

Tag:日々のこと  comment:2 

Akira.K/Artsite diary

Akira Kawashima

Author:Akira Kawashima
 

月別アーカイブ