FC2ブログ

月の舟

月のひかりに輝く舟は

とおい昔の記憶をあなたの唇にそそぎこんで

夜の真っ暗な水平線へと

無数の雨粒のような淡い光の瞬きを水面に残して

ただ音も無く静かに消えてゆくのだった


たとえば一つの約束

言葉では置き換えられない感情の螺旋に

物語はいつも不安定な起伏をもたらす

夢遊病者のように足の裏を泥だらけにして

世界がやわらかな曲線に沿って夜空を落下するように

星々の瞬きにそそのかされて

南から吹く風が一羽の鳥にささやかな孤独を与えているように


三度目の電話で彼女は知った  

永い時間の終わりに細胞がひとつの企みを持つこと

終わらない問いかけに聞き耳をたてる滑稽さと

幾つかの短いセンテンスに潜む欲望の刺

錆びた鳥籠の中から聞こえてくる記憶の雨音が

蝸牛に染み渡る緩やかな音階へと紡がれてゆくとき 

世界はすべてはかりごとのようだと

夜空に浮かぶ疑心の舟は静かに櫂を漕ぐ


言葉が徐々に遠のいてゆく瞬間にも

あなたは喋べり続けている

硝子の破片を敷き詰めたような光の宵待月

うすらいでゆく

星を映し音もなく時が欠ける安物のグラスの中で

ゆらゆらと二つの影が揺れる

傾きかけた世界

指先をたどる心の糸が生温い空気に触れるたび言葉から時間がこぼれ落ちる

窓硝子に付着した水滴の透明な光彩

水晶体に刻みこまれたまやかしの火花

手には触れられず

繰り返すことで導きだす感情の哀しい破片


僕らの住む街の空は美しい幻で

パノラマに閉じ込められた絶え間ない光のスペクトルが

月に向かって小さな穴を穿つ


あなたは言葉を探さない

たとえ血液に染み込んだ記憶の残像が

夜空一面流星雨のように降り注いでも

いまだ語られぬ秘密の物語に鍵をかける指先だけが夜の影に染まる


彼女の目に涙が溢れる

過ぎ去った日々の喪失


舟の行く先はだれも知らない 





テーマ : 詩・ことば
ジャンル : 小説・文学

Tag:散文・物語  comment:0 

Twitterはじめました。密かにひそひそ呟いております。
興味のある方はフォローしていただけるとうれしいです。
https://twitter.com/AkiraKawashima

さて、来週は仕事で名古屋へ行きます。
味噌カツ食べたいぜっ!

Tag:日々のこと  comment:0 

夏の空


テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

Tag:日々のこと  comment:0 

夏の光


Tag:日々のこと  comment:0 

アトリエ景

☆制作途中の作品ふたつ。


P7251652.jpg
 
P72516481.jpg
テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:ものづくり  comment:0 

Akira.K/Artsite diary

Akira Kawashima

Author:Akira Kawashima
 

月別アーカイブ