スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

時のサナトリウム / Sanatorium of Time

artworkpageに作品を追加しました。

☆時のサナトリウム / Sanatorium of Time


■32.5x15.6x5.8cm デジタルプリント、アクリル、錆塗装、水性塗料 /紙、歯車、試験管、硝子、釘、鉄、木

フォトショップで加工、プリントアウトしアクリル絵の具で加筆した写真、古時計の歯車、試験管、鉄部品などを手製の箱にアッサンブラージュしたボックスオブジェです。

☆「時のサナトリウム」ページはコチラ
スポンサーサイト
テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:ものづくり  comment:2 

永遠の旅 (A・サン=テグジュペリに)

■2006年に制作した、
『Eternal Travel (dedicates to Antoine Saint-Exupery)/ 永遠の旅 (A・サン=テグジュペリに)』を加筆しました。

eternal_travelold.jpg
↑から、↓に。
中央部分に、鉄、歯車などを張り付け、
スチームパンクな航空計器をイメージしたものに作り替えました。

eternal_travel.jpg

☆Eternal Travel (dedicates to Antoine Saint-Exupery)のページはコチラ
テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:ものづくり  comment:0 

最後の蝶

真夜中、迷い込んだ異国の街。
見ず知らずの美しい女が彼を呼び止め、自らの家の書架へと導き、そこで見覚えのある一冊の本を手渡した。
彼が「私も同じものを持っています。」と告げると、彼女はその本を開き、真ん中あたりのページを無言のまま指し示し、小さく微笑んで見せた…

そこで、不意に自分の寝室に舞い戻った彼は、今見ていた出来事が夢であった事を知る。
記憶にはないけれど、彼女をどこかで見かけた事が現実にもあったのかも知れないな…。
そうぼんやりと思いつつ、彼は、いつものように窓を開ける。
そうだ、あの本のページ。彼は、夢の中で女が見せてくれた本と同じ本を本棚から取り出し、彼女が指し示したページを開けてみる。すると、そのページから、ひらひらと一頭の白い紋白蝶が立ち現れ、彼の頭の上のあたりをゆっくりと一回りしたかと思うと、窓の外へ飛び去り、やがて遠くへと見えなくなってしまった。

一体、何時、蝶が本の中にはさまってしまったのか皆目見当がつかないが、本の中で彼女が生きていたなんて不思議な話だろ。と言って彼は、小さく笑った。
それは、地球上から蝶が絶滅したというニュースが世界を駆け巡った日から、数ヶ月ほどたった頃に聞かされた話だ。
本当の事なのか、彼の作り話なのかは、僕にはわからない。
テーマ : 散文
ジャンル : 小説・文学

Tag:散文・物語  comment:0 

Akira.K/Artsite diary

Akira Kawashima

Author:Akira Kawashima
 

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。