FC2ブログ

錆びた扉

すっとはいりこんで
浸透して
耳がくすぐったい
水のやうな
やわらかな桃の香りのやうな
孤独が満たす夜の駅で
空気と液体の混じりあった指先に

ちくりと刺す
ちいさな痛みの
赤い点
ゆっくりと舞い上がる感情の螺旋
その方向にあなたの声があって
世界の一瞬の揺らめきに
目を細めたのがいったい誰だったのか?
今はもう思い出せないけれど
あのとき錆びた扉を背にして
確かにあなたは笑っていた




テーマ : 詩・ことば
ジャンル : 小説・文学

Tag:散文・物語  comment:0 

Akira.K/Artsite diary

Akira Kawashima

Author:Akira Kawashima
 

月別アーカイブ