FC2ブログ

記憶の破線

それはやさしい
それはかなしい
そこにあるようで
そこになく
そっとよるのさきっぽにふれて
てのひらにはりでさしたような
ちいさないたみをのこして
きえてゆく

それはやさしい
それはかなしい
そこにあるようで
そこになく
てにふれようとしたしゅんかん
あなたのきずぐちをそっとひっかいて 
よるのさきへときえてゆく

それはやさしい
それはかなしい
そこにあるようで
そこになく
ことばのようにかたちなく
なみだのようにそらをおよいで
まちあかりをゆらぐ

それはやさしい
それはかなしい
そこにあるようで
そこになく
ただあおいひかりのおとだけが
いくつものきおくのかさなりのなかに
くりかえされる

それはやさしい
それはかなしい

そしてそれは
とてもしずかで
じつは
とてもはげしい
テーマ : 詩・ことば
ジャンル : 小説・文学

Tag:散文・物語  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
Akira.K/Artsite diary

Akira Kawashima

Author:Akira Kawashima
 

月別アーカイブ