FC2ブログ

星空浮遊

鏡文字の記憶を紐解き笑うあなたの背中には
いつも星空の海が波うっている
密やかに煌めく星粒がまぶされた歯車の郷愁を
時計師のゆびさきが見立ての良い小箱に収めるとき
天鵞絨の天蓋に机上の詮索が弾けて消えた



テーマ : 詩・ことば
ジャンル : 小説・文学

Tag:散文・物語  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
Akira.K/Artsite diary

Akira Kawashima

Author:Akira Kawashima
 

月別アーカイブ